復活、整備

二十日位前かな?
地元のオフハウスにマガジン無しで動作未確認のチョイボロいβスペツナズが格安であった。
結構使い込まれた感じ。
バッテリー持って行って試すと問題なく動く。
確保。
帰宅して初速を測ると0.55j程しか出ていない(動作は快調)。
元々βとして使うつもりは無し。
中もボロボロなんだろう・・・ガッチガチに弄ってゴロゴロ余っているAK47にでもしようかと中を抜き出す。
メカボを開けた形跡は無し。

シリンダーの穴からはべっちょりグリスが流れてました。
シリンダーが少しズレていた・・・ヘッド辺りからエア漏れしていたかな?
(画像はもう拭いた後)

メカボ、開けてみました。

確かに汚れているんだが思いの外摩耗がない。
気が変わった・・・・そのまま清掃+αで組んでみよう。
ノーマルってどんなのか忘れているし。

パッと見変わりませんが、掃除してグリス塗り直して組む。

スプリングガイドのみ社外品に交換。
Ver3用のベアリング付きスプリングガイド4つも余っていたので、置いていても一番使わないポリカのスプリングガイドを使用。
(過去、一度ポリカのスプリングガイドが折れた事が有るのでそれから使わなくなった)
あとはエア漏れの用心にピストンヘッドにはシールテープ巻く。
素と違うのはこの部分のみで後はそのままの部品を掃除して使用。

チャンバパッキンは変形していたので交換。
画像にはライラのが写ってますが、最終的には手持ちで一番固いのに交換。
(バレルはノーマル)

どんな外装にするか悩む。ここに結構時間かかっていたり。
βスペツナズのまま組めば早いんだが、ど〜〜〜してもβスペツナズだけはイヤだった。

AK47やAK47Sなら幾つも外装が余っているんだが、短い系はごく一部の部品が無く1個くらいしか組めない。
(限定版だったAKスペツナズも丸々外装が余っていた)

で、組みました。

フレームはかなり前にAK47のフレームをフレスフレーム風に改造した物です。
初速は0.71j程。
ノーマルくらいでしょうか?

で、先日のサバゲ時試射・・・0.25g弾で有効射程45m超で問題無し。
大丈夫そうなんでゲームにも使ったけどHIT取れたし使えるね。
何でもかんでも弄るばかりじゃ能がないねぇ〜。

唯一失敗と言えば失敗・・・ストック内のコードを余っていたシリコンコードの換えたら
サイクルが少し早くなって多弾マグだとフルオート時に給弾が追いつかなくなった事。
まぁ自分はセミオート主体なんで放置かな?




タグ :AK整備

同じカテゴリー(AK)の記事画像
久々に開ける
諸々一気に手直し
AKM修理
フレームが戻る
修理〜
CYMA AKM
同じカテゴリー(AK)の記事
 久々に開ける (2018-01-15 01:51)
 諸々一気に手直し (2016-10-21 01:53)
 AKM修理 (2016-09-10 01:01)
 フレームが戻る (2015-11-24 14:51)
 修理〜 (2015-09-29 02:15)
 CYMA AKM (2014-10-07 23:44)

2016年10月27日 Posted by マール  at 13:34 │Comments(0)AK

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。