修武台記念館、見学

入間基地内に有る航空歴史資料館/修武台記念館。
通常、一般開放していない所だが、見学会に当たり昨日行って来ました。
連名で応募してくれたのは弟なんですけどね・・・自分は募集しているのに気がつかなかった。

稲荷山門口で集合。バスで基地内を移動します。


入場パス・・・中のカードは記念にくれました。
40年、入間の航空ショーに行ってますが、それ以外で中に入るのは初めてです。


館内は撮影禁止なので画像は有りません。
まだ完成してから数年もたってないのですこぶる奇麗でした。
パネル等の展示も奇麗だし、予想していたより広くてビックリ。

旧軍関係と戦後の自衛隊関係で展示フロアが別れてました。
http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/kouhou/kinenkan/images/map.jpg
HPに出ている館内の様子。

色々有ったのですが桜花の実物。
ここの“目玉”と言っていた。
(靖国神社のはレプリカ。)
近年のチェックで弾頭カバー(用は機首)の内側にいくつか鉛筆やケガキの書き込みが見つかったそうな。
(武運を祈っているのやら判読不明のとか)
主翼は復元中?本物の一部も展示。ちなみに木製。

個人的には旧型VADS(レーダーとか付いていないヤツ)を初めて見て嬉しかったり。

時間押せ押せであんまり落ち着いて見れません。
展示物の説明やパネルをちゃんと読んでいられません。

館内を回ってから外へ出て保管庫。
ここは撮影可なので探すとネットに様子上がっている。

V-107・・・入間の航空ショーでさよならフライトのあと、その機体がそのまま保管されたようですね。


F-1・・・なんか久々に見るな。F-1の初号機だそうです。




コレもここの目玉、明治時代に輸入されたアンリ・ファルマンの実物の復元機。
タイヤはリアカーの流用らしいですが。


天皇陛下が乗り込む際に使った階段らしい。
その他T33のエンジン、航空士官学校だった頃の窓枠。

保管庫から館内に戻る・・・入り口ホールだけは撮影出来た。

バスでまた戻ります。

奥に常設の古い機体が見えます。
バスに乗る間際、慌てて撮りに走っている人が居ました。
あそこの機体に関しては以前撮ったのを少し載せてあります。
http://marumaru.militaryblog.jp/e603917.html
ただその頃より劣化が進んでいる感じでした。
この時修武台記念館も目に入っていた訳ですが、その時は「こんな立派なのが一般非公開なの?」ってイラっとした覚えが有ります。
今回スッキリしました(笑)。

なんでも11月の休日にまた見学会が有るそうです。
興味が有る人はHPを注意してみては如何?
あと団体だと基地見学って事での見学申し込みは出来るようです。

まだ館内に空間は余裕有る感じで、今後も期待持てる?
またじっくり見に行きたい物だ。  


2016年09月27日 Posted by マール  at 18:21Comments(0)日常