AKだらけな・・・

昨日少しと今日は数時間エアガンバラしに時間を割きました。
色んな物がバラバラのままじゃ、邪魔だし気が散るし落ち着きません。

昨日(9日)、日曜に仮組でテストしたAKをやっと本ちゃんに組みました。

“なんちゃってAK74”です。
CYMAのAK-74(¥9800)をベースに組みました。
が、かなりの部分はうちに有ったパーツを使ってる。

1.2.3はAK47用のイノカツAK74木ストキット。
4.KM企画のハイダー型サイレンサー。
5.GUARDER(イノカツ?)のリテーナー。(CYMAのが酷い造形だったので交換)
6.メーカー不明の1000mリアサイト。
7.GUARDER スチールトップカバー
8は間違い
9のアウターバレル、インナーバレル&チャンバとメカBOX(一部交換)は元からのCYMAのAK-74。
以前も書いたがフレームはAK47のを74風に改造した物を使ってます。

LCTのAK74を買っちゃえば手間も少ないし、見た目も完璧に近いんだが上記のように過去に色々買い込んだパーツをぶん投げちゃう勇気がないのでこんなのを作る羽目に・・・。
(リテーナーだけでも¥3500くらいしたからね)

コレも余っていたから入れた。

フルストローク出来るボルト。今でも売っているのかなぁ?

木ストAK74はしばらくコレで・・・いずれ余裕が出来たらLCTの買うわ。

今回コレが出来て改めて調べたんだがAK系(RPK含む)は・・・

15丁。

去年3丁くらい処分したはずなんだけどなぁ・・・全然減らない。

あとA&K電ドラの整備。
ギアノイズの減らない原因究明。
チャンバーとノズルの関係がまだよく無いのかもと、チャンバー内を少し研磨。
後センターが出ていない可能性も調べた。
殆どノイズは変わらない。

後思いつくのは・・・

ストックを外して撃つとギアノイズは殆ど普通の電ガン並みになった。
木スト風ストックの出っ張りがモーターの位置を押し上げていたようだ。
最悪ここの出っ張りは無くてもなんとかストックは固定出来るのだが、不安なので残していたがそれがダメだったみたい。
やれやれだ。

しかしチャンバー内を研磨し過ぎた?初速は少し落ちてしまった。
まぁこの状態でまた外で試射してから考える。






同じカテゴリー(AK)の記事画像
久々に開ける
復活、整備
諸々一気に手直し
AKM修理
フレームが戻る
修理〜
同じカテゴリー(AK)の記事
 久々に開ける (2018-01-15 01:51)
 復活、整備 (2016-10-27 13:34)
 諸々一気に手直し (2016-10-21 01:53)
 AKM修理 (2016-09-10 01:01)
 フレームが戻る (2015-11-24 14:51)
 修理〜 (2015-09-29 02:15)

2012年01月11日 Posted by マール  at 03:26 │Comments(0)AK

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。